マーケティング

フリーランスのあなたが案件を獲得する方法 | 副業にもおすすめ

いまも猛威を震い続けている新型コロナウイルスにより働き方も大きく変わりつつあります。前回の記事でも書きましたが「リモートワーク」や「テレワーク」といった言葉がもはや当たり前のように使われるようになりました。個人的にはむしろ新型ウイルスが出る前から毎日出社する意義を疑っていたのでここだけは嬉しい気持ちもあります。ただウイルスにより命を落とされる人も多くいる中で一刻も早く収束することを祈るばかりです。

そんな情勢に適応するかの如くフリーランスに転職したり副業を始めたりと行動的な方も多くいらっしゃると思います。とはいえフリーランスになってどのように動いていいのかわからない方も同様に多くいらっしゃることでしょう。ちなみに僕もその一人でした。

前提としてフリーランスは自由です。さらに高収入を見込める。さらに起きる時間も自由ですし満員電車に揉まれることもありません。紅茶を飲みながら好きな音楽をかけながら仕事に没頭することだって可能です。

ですが最初はそんないい思いばかりできるわけでもありません。決して「やる気」を冷ましたいわけではないのですがあえて書きます。副業・フリーランスは決して楽には稼げないという事です。

特に「フリーランス」や「副業」として活動を始めたスタートアップ段階では「仕事」は無いのが当たり前です。つまり稼げません。

今回はこの「仕事がある=稼げないから脱却」を目的として最初の案件(クライアント)を獲得する方法を紹介していこうと思います。それでは早速いきましょう!

顧客を見つける難しさを理解する

冒頭でもお伝えしましたが「フリーランス」や「副業」としての活動をするには、まず何から手を付けるべきか分からない!という状況の方がほとんどです。

会社員時代に副業としてスタートしてからが望ましいと言えます。本業に関係する分野だったり今までの専門的な経験だったり、知識を活かしつつ早い段階で案件(=クライアント)を引っ張ってこれると、とても話が早いです。

ですが実際にこの手法で顧客を探すことが可能な人はこの記事を読んでいないでしょう。この記事のゴールでもある対象者はまさにこの今記事を読んでいるあなたです。初心者がビジネスを展開するのに絶対必要なことです。ですが経験者とはここ(集客能力)に圧倒的な差が生まれます。その差とは信用があるかないかです。ここでいう信用とは、実績のことです。つまり実績がないからこそ、最初の集客が厳しいのです。

お客さん目線で考えてみる

実績がないことが「集客が難しい」に繋がるというところまで進みました。では次に自分が消費者(=購入者)の立場になってみることをお薦めします。普段自分が商品を買うときにどんなことを考えますか。自分も何かを作るときに欠かさずこのことを考えています。ちなみにこの記事もその延長線上です。

「よく売れているから」

「レビューで高評価が多いから」

「有名な人の紹介だから」

商品を購入するときの心情の例を幾つか挙げてみました。

実は無意識に情報から商品の選別をしています。「これだから信用してもいいかな」という購買判断を下して初めてお金を出すという行動をしています。反対に「情報に信憑性がなさそう」「レビューが星1つばかりだ」「胡散臭いおじさんが勧めてきた…」といった感情がある場合には購入しないフォころかどころか恐怖すら感じてしまうものです。

そのためにゼロから消費者を納得させて案件獲得を繋げることはとても難題であることが窺えると思います。

会社であればバックには会社の看板があるので「株式会社△△の〇〇です」と営業活動も比較的スムーズに進みます。しかしフリーランスとなると違います。

会社名のような後ろ盾もないので実績も信用もあなた自身が生み出す必要があります!よくある話ですが会社員時代に営業が得意だったという人が、フリーランスになった途端に全く商品を売れなくなってしまうというケース。これは「会社への信頼=自分への信頼」と勘違いして、会社員時代と全く同じ方法で営業してしまっているからなんです。こう勘違いしてしまっている人は少し注意した方がいいかもしれませんね。

副業やフリーランスとして動いていくスタートアップにおいて、まず最初に何をすべきかずばり「認知」です。誰もあなたのことを知らないと、仕事は当然発生しようがありません。この時代ではSNSを用いて誰でも簡単に自分の存在を発信することができます。その中でも、もっとも効果的かつ、早く成果が出る方法を3つ、ご紹介しましょう。

クラウドソーシングを利用する

まずは強くおすすめするのが「クラウドソーシングサービス」です。簡単にいうと、『仕事が欲しいフリーランス』と『仕事をしてほしい企業』をマッチングするサービスです。みんな大好きメルカリのお仕事バージョンとイメージしていただくと分かりやすいかもしれません。

実はだからこそおすすめする理由があります。それは初心者に優しい「実績がなくても仕事が探せる」からです。クラウドソーシングには、実績のない人でも受注できる案件がたくさん揃っています。無実績の方ができる案件の単価はもちろん低いのですが、その分案件難易度も低いので初心者でも安心できます。またクライアントにポートフォリオを公開する許可をとる必要はありますが、実績としてカウントすることもできます。

a) 提案・見積もりを集めるプロジェクト式

b) 実際の製作物を集める製作物コンペ型

c) 求人への応募を集める求人募集形式

次回のクライアントからすると、既にこの人は実績があると判断してもらえる材料にもなりますし、あなた自身の自信にも繋がります。そのため実績を作りたいスタートアップの方には、是非ともおすすめしたいと思います。現在クラウドソーシングのサービスを提供している会社は有名どころでも10社程度存在します。具体的なサービスについてはまた別途記事で書いていこうと思います。

①ランサーズ

クラウドソーシングの最大手なのが「ランサーズ」です。こちらは発注者(ランサーズ)と受注者(ランサー)と両方のアカウントを持つことが可能で案件内容も種類豊富です。またサポートセンターの対応や対面会議などのシステム面も充実しているのでセキュリティ面に強いイメージがあります。

②クラウドワークス

同じく最大手級として知られている「クラウドワークス」は300万件の案件が行き来している点やアクティブユーザー数も多い傾向にあります。ただ一方でセキュリティ面で弱い部分もあり質の悪い案件も散見されています。ライティングなど難易度の低いものもあるので初心者にも参入しやすいかと思います。

ココナラ

こちらの「ココナラ」は先ほどまでとは発注受注スタイルが少し異なりスキルを販売することに特化しているサービスです。知識や経験などを販売するためクライアントの希望だからやるというよりは、自分のスキルを必要としている人はいませんか?と能力をフリーマーケットに出品しているようなイメージです。こちらもユーザー数が多いと言えます。

ソーシャルネットワークを駆使

ここまでのクラウドソーシンングを使って実績をとにかく蓄積することが少しイメージしていただかと思います。次はこの実績を公表する必要があります。せっかくできたレシピをそのままにするのはなくて飲食店を出店したいのと似ていますね。

では早速店舗を構えましょう。もちろんリアル店舗を構えるわけではなく自分のホームを作り出すことが必要です。手段は簡単、SNSです。「でも何を選んだらいいかわからない」という方も多いとは思いますが結論とにかくやってみる!分からなかったら全部やってみる!これに尽きると思います。

・Twitter

・Instagram

・Facebook

・YouTube

・TikTok

ちなみですが僕の個人的な意見として「自分に合うもの、続けることができるもの」を選ぶことをおすすめします。それぞれで文章に特化している、写真に特化しているなど、特徴を踏まえて自身が使いやすいものでPRを重ねていくことが続くきっかけにもなります。

営業をかける

ある程度の実績とホームの準備が整ったら次が営業していきましょう!どんな商品でも営業は必ずう必要です。前述のクラウドソーシングやソーシャルネットワークを駆使したとしても案件獲得にはアル程度の限界があります。量もひとつですが収入アップにも繋がらないので次のステップが必要です。特にサービス化を考えている、コンサルティング業などの場合は常に新規開拓が必要です。またその業界で人脈を広げてどんどんネームを売っていく必要もあります。

①テレアポ

新規営業といえばまずはテレアポです。相手の時間を奪う事になる点や折り返しの面倒いな工数が発生する点を考えると個人的には電話営業は大嫌いです。

ですがリーチ力が高いため成約率が高いのも事実です。文字で連絡するより人間的な情熱も繋がるという利点もあります。とにかく電話営業する時は、時間を有効活用するためにも成約につながる可能性を重視し、断られることを前提として電話する事がコツです。

②飛び込み営業

営業といえば、飛び込み営業です。サラリーマン時代の新規営業を思い出します(笑)営業経験があれば違うかもしれませんが、営業経験のない方が、いきなり飛び込み営業を行うことは、かなりハードルが高いと思います。

ですがそんな悠長なことを言ってられないのも現実です。飛び込み営業を何百件と経験した筆者からのアドバイスです。飛び込みはとにかく数をこなす。数をこなしましょう。話す内容や笑顔なんてのも重要ですが、これに尽きます。

③営業代行会社

ここまで自分(一緒に手伝ってくれる仲間がいれば別ですが)で新規開拓する営業手法を述べてきました。ここまでを読んでいただきやっぱり営業は苦手だ!と言う方は、これが残されています。それが「営業代行業社を使う」です。

資金に余裕があるのであれば、営業を外注(=アウトソーシング)するのも方法の1つです。代行会社によってサービス内容や金額も異なります。そこはご自身のビジネスプランに基づいて適切なものを選んでいただけたらと思います。

さいごに

さてここまで副業・フリーランスとして働く上での案件探しについて書いてきました。自分の好きなような創意工夫に富んだメリットがある一方で、仕事を受注する難しさも存在します。

この最初の高い壁、決して低いハードルではありませんが、ここを乗り切るからこそ見えるものもあります。泥臭く、自由なワークライフスタイルを手に入れるように頑張りましょう。