ビジネス

個の時代だからこそスキルは必要不可欠 | プログラミングの需要とは

これからは「組織ではなく個の時代」なんて言葉をよく聞きます。これからの労働の縮図として既に確立されつつあるんじゃないかと個人的には感じています。

組織化しているところで能力がある人にとっては組織に属するメリットが少ないからです。

また経済悪化に伴いサラリーマンのリストラも進んでいます。そこでいわゆる失業者が増えることは間違いなく予想されこれからの日本人の労働スタイルは変化していくでしょう。

ではこのような時代でも個人で生きていくのに必要なものとはなんでしょうか。それはスキルことです。ではスキルとは一体なんのことでしょうか。まずはそこから解明していきましょう!

スキルの必要性を理解する

一昔前までは「資格」という考え方が台頭していました。この考え方は衰退傾向にあると考えてその代わりと言ってはなんですがより実用的なスキルや実績(ポートフォリオ)が求められる世の中になってきているように思います。

スキルと辞書で引くと、訓練や経験などによって身につけた技能のことを指すと記載があります。つまりある人が有している力量や技術の存在を示しているわけです。

これだけだとイメージが湧きにくいと思うので、ひとつ例を出してみます。記憶を小学生時代に戻してみてください。学校生活の中で「あの子は◯○だったな!」と思い浮かぶ人はいませんか?

・持久走が学年でトップ

・百マス計算がクラス1位

・友達がやたらと多い

なんだか懐かしい光景が浮かんできました。クラスメイトはもちろんですが自分自身にもいくつかこれは得意だったなと言う項目があったことだと思います。小学校の時って「僕はこれが得意だ」「私あれはめっちゃ好きやで」と言える何かがあったもんです。

スキルは磨けば身につきます。世の中の大半のスキルを身につけるのに年齢も学歴も関係ありません。あるとすれば多少の好き嫌いがあるくらい。ですがそれを見極め進めていくことで小学生のようにこれが得意だと自分の強みを持てるようになれます。

今はまさに大副業時代

転職や副業という考え方が当たり前になってきている中で動画クリエイターやアフィリエイトなど多種多様な働き方がメディアでも取り上げられるようになってきました。

そんな中でも最もお薦めしたいのがプログラミングです。僕もプログラミングを勉強しています。では何故プログラミングが良いのか、その理由を書いていきます。

結論から言います。プログラミングには年齢制限もこれまでの経歴も関係ありません!と断言できます。「20代ではないから」「パソコンなんて最近触ってない」「サービス業しかしてない」なんて方でも例外ではありません。

プログラミング習得するメリット

いまからでも遅くはないということは理解できたけど・・・という方に向けて具体的にどんなメリットがあるのかを順番に挙げたいと思います。今ではプログラミングスクールやオンライン学習も進行しているので環境としては学びやすいです。個人的にメリットであると思う点をまとめてみました!

場所を選ばないから自由な働き方ができる

パソコンさえあれば場所を選ばず、仕事をすることができるという点です。毎日満員電車に乗る必要もなければ好きなカフェや自宅で仕事することができます。

プログラマーとしての経験が浅い期間に関しては、本業(別の収入源)が必要だとは思います。業務経験を継続することができれば、サラリーマンとしてだけでなくフリーランスのプログラマーとしても活躍することができます。

圧倒的にブルーオーシャン 人材不足の影

昨今インターネット化が目まぐるしく進み、あらゆる業界がWEBとは無縁ではいられない世の中になっています。エンジニアはこの世界中の全ての業界に関わりを持つことになります。いわばエンジニアは各業界の土台であり支えている存在なのです。

そんなことにも関わらず2018年時点で18万人も不足している状況です

さらにこれらは深刻化が進み、東京オリンピックが開催される10年後の2030年には、最大78万人が不足すると予測されています。

年収アップが大幅に見込める

厚生労働省によると、他業種に比べるとエンジニア平均給与は高いというデータがあります。また案件や業務によっては報酬が何倍にもなるという可能性もかなり高いです。

世の中にインパクトを残すことができる

タイトル通りインパクトがあるし仕事を残すことができます。新しいサービスが日々数えきれないくらい誕生しています。 

さらにこれからは5Gが誕生することによってIT業界はさらに一歩進歩してしまいます。そんな時今までITと無縁だったオフラインのものが新たに融合された未来を想像したらワクワクしませんか?

なぜならそれほどの価値あるものをインターネットを通して世界中の人に提供できるからです。

まとめ

市場は広がりに広がっている象徴ですね。

前回の記事に続きますが今はプログラマー不足の世の中です。 是非、興味を持ったついでに僕と一緒にプログラミングができるまで頑張っていきましょう!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。