ビジネス

コミュニケーションに自信ない人はこれを読め | 相手を知りうまく攻略する「あの方法」

この苦手な人がいるということを「コミュ障」という一言で片付けてしまっていませんか?これはもったいない。コミュニケーションがうまい、円滑な人というのは単にそのように見えていることが多いです。

言い換えれば、この特性を知ることできれば真似することもできるし相手が気持ちよく感じるようにコントロールすることだってできるんです。

ちなみに僕もコミュニケーションには苦手意識を持っていましたが「とある攻略法」を駆使することで格段に自信が持てるようになりました。こんなふうに言うとスピリチュアルに感じてしまうかもしれないですが、そんな類ではありませんのでご安心を!

 

コミュニケーションがうまいと言ってもタイプはいろいろ・・・

・聞き上手な人

・マイペースな人

・根拠がしっかりしている人

・グイグイ前に出る人

当然自分自身もこのどれかに当てはまるもしくは近いわけです。

自分らしいカラーを大切にしつつも多種多様な人と良好な関係になるためにソーシャルスタイルを使って確認していきましょう。これは1970年代に社会学者David Merrillらが提唱した〝Social Style〟をもとにした考え方です。

このソーシャルスタイルとは、外から見えるその人の態度や様子を観察して、4つのタイプに分類したものになります。自己主張の強弱と、感情表出の強弱の2軸で分類します。あくまで外から見たものという点がミソになります!

エクプレッシブ(Expressive)

自己主張 強い
感情表出 強い
当てはまる著名人 明石家さんま 久本雅美

とにかく明るい、この一言に通じます。「とりあえずやってみるか!」と楽観的でアクティブなところが特徴的です。細かいことは気にせず、おしゃべり大好き人間に多く見られます。

反対にシーンとした空気は嫌うイメージでいろんな場所でムードメーカーとなるケースが考えられます。身振りや表情も豊かで、周りからすれば「あいつ元気がいいな!」と印象受けることが特徴です。

このことからも一般的にコミュニケーションがうまい人としてパッと浮かぶのはこのタイプになることがほとんど。

ドライビング(Driving)

自己主張 強い
感情表出 弱い
当てはまる著名人 本田圭佑 ビートたけし

根っからのリーダー気質で勝負ごとが好きです。反面指示されることを嫌い、我流を大切にしているイメージが強いです。あと早口なのも特徴のひとつだと言えます。

基本的に場をコントロールしたい気持ちが強いので、わりと一方的なコミュニケーションを取りがちです。話を聞く人からすると「この人は気が強い」と印象受ける子もしばしばだと思います。

話をじっくり聞くのは苦手で結論から話すことを求める傾向にあると思います。ゆっくりと話をしていると、途中で遮ることだってあるほどなのが特徴です。

エミアブル(Amiable)

自己主張 弱い
感情表出 強い
当てはまる著名人 香取慎吾 馬場裕之(ロバート)

温厚で優しいタイプがこれに当たります。人間関係に荒波を立てることを嫌い、周りのために・・・と言う価値観が人が多く当てはまります。

これは日本人に最も近いソーシャルスタイルで「日本人っぽい」という言葉が表現として合っていると思います。にこやかな表情も特徴で、お願いされてもなかなか断れないのも特徴のひとつです。

時間と信頼を重ねることでようやく心を開くようになります。

アナリティカル(Analytical)

自己主張
感情表出
当てはまる著名人 タモリ 稲垣吾郎

とにかくわかりにくい、これが一つの特徴でもあります。理解されにくい反面、数字や根拠を求める傾向があり、ロジカルな思考を好みます。

周りから見ると、「マイペース」と印象受けることが多いですが、空気は読まず淡々と仕事をこなすアナリティカルなタイプ人間は職人気質です。

 

タイプに優劣はない

今のところ私はこれだ!僕はこれだ!と明らかに気付く方もいらっしゃれば、「うーん、どれだろう?」って方もいると思います。

これはあくまで直感的に第三者からみたタイプが当てはまるものになりますので、誰か友人に聞いてみるのがおすすめです。

バランスタイプと言われる一つに属さない方も一定数います。また社会的経験をすることでこのソーシャルスタイルが変化していくこともザラに存在します。

またこれはどのタイプだからコミュニケーションに向いている向いていないの判断する材料ではありません。正しく自分をしり、相手に合わせて対応力を上げていくのが今回の記事の目的です。

苦手な相手がどのタイプであり、どんなことを嫌い、どんなことを好むのか、ここを抑えてコミュニケーションをするだけで、人間関係も大きく変わることでしょう。

少しでも参考になればと思います。